【男性用媚薬】プレイ前に使って効果大

デリヘル嬢の直引、直接交渉の本音

風俗遊び デリヘル

デリヘル嬢の直引とは?

「直引」とは、お店を通さず、直接会う交渉を行う事。

風俗業界ではご法度の行為であり、店に在籍中の女の子と意図的に直接交渉した場合、お店側の利用規約に沿った罰則を受ける事になる。

絶対にやってはいけない行為だ。

直引、直接交渉に話が進むのはナゼ?

デリヘル嬢に渡した料金は、全額が女の子に入る訳ではない。

店側のサービス提供料や、ドライバーの人件費などが、そこから引かれるわけだ。

このため、支払われる額に不満を持った女の子が、直接交渉を持ち掛ける場合がある。

「元」デリヘル嬢なら直接交渉OK

とあるデリヘル店に、贔屓にしている女の子がいたとしよう。

その女の子が、卒業する運びとなった。

卒業前に、女の子と連絡交換をしておき、店をやめた後に直接会って遊ぶのは全然かまわない。

ただし、それが原因で、店をやめる運びになったという事ではダメだ。

それはスカウト行為に値する。

現役デリヘル嬢でも直接交渉が可能なケース

既にA店を卒業しており、現在はB店で働いている女の子がいたとする。

B店でのお客さんを直引きするのはダメだが、A店に在籍していた時代のお客さんとは、個人的に関係を持っても大丈夫だ。

店のホンネとしては、前に在籍していた店のお客さんも連れてきて欲しいだろうが、直引きを考える女の子が、自発的にそうするのは稀なケースである。大概は未経験枠で新しい店を探すだろう。

直接交渉の本音

気に入っていた女の子が店を卒業し、その後に直接会った経験がある。

「女の子と直接会える」という言葉に魅力を感じるかもしれないが、本音を言うと、思ったほど楽しいものではない。

お店で会っていたような、デリヘル嬢とお客という関係が曖昧になる為、知りたくないことを知る事が多いし、気持ちが重くなる。

また、足の問題もある。女の子によっては送り迎えが必要だ。

支払う金額が同じか、又は少し安い程度であれば、客として利用したい立場としては、店に在籍している女の子を呼んだ方が楽というのが本音だ。

コメント

  1. 通りすがり より:

    直でよんでも重たくなるのはわかる

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました